イブニング

最後の日の夕方<br><img src="http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/458e33c5_1369/bc/cef9/__sr_/240a.jpg?bcR3F.GBg86BTJpn"><br>18時も過ぎても単発なライズしか見あたらない
最後まで粘ったのだが,
私には幸運の女神は微笑まなかったが、ズーボーさんには微笑んだ<br><img src="http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/458e33c5_1369/bc/cef9/__sr_/87d9.jpg?bcR3F.GBIoZoYcqH">

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

tag : 阿寒湖 モンカゲロウ

現実逃避

仲間達総勢6人 親父臭の漂う中年ばかりでの道東釣りツアーだ
今回は阿寒湖以外に屈斜路湖へも足を伸ばしレンタカーを走らせたのだが...<br><img src="http://image7.photohighway.co.jp/NK095/604/Photos/middle/81626174131qz2.jpg"><br>この日本国有数の面積を持つ湖は数年前からの情報で行ってみたかった場所だった、ただ一昨年前までは阿寒湖でもそこそこの釣果があった為についつい足を伸ばしそびれていたのだ
 今回の阿寒湖は非常に厳しい状況でモンガゲロウのハッチは初日から最終日へ移行までにハッチが増える状況で天候も曇ったり雨が降ったりで釣りには好条件であったにも関わらずライズは片手で数えられる程しか見られない、竿を振らずに立ちすくむ事が殆どであった、阿寒湖があまりにも調子が悪く仲間内でも3日、私は一日だけズーボーさんと屈斜路湖へ様子を覗いに行ったのだ、一時期に比べ釣り客の減った阿寒湖とは裏腹にウェーディング出来る場所にはズラッとフライマンが並ぶ様子は好調さを示している様だ
阿寒湖からの移動組や地元の方たちがその殆どである、残念ながらモンカゲのハッチのピークは18日前後たったらしく私は日中に多くのハッチやライズを見る事はなかったが、イブニングでのスピナーのライズを獲ったyasさん、18時以降は相当なライズやハッチも有ったらしい
 不調な阿寒湖、水温は18度近くあり、外気温はそれより低くウェーディング中に手が水面に当ると湖水が暖かく感じられる、私は到着初日にボッケ付近でのイブニングでウグイ2匹、今までにそこでウグイを釣った事はなかった、2日目はあまりにも沈黙している湖面にやる気もうせ早朝から湖に立ったが9時から15時まではホテルに戻り昼寝をした、イブニングにやっとレインボーを獲ったのみ、3日目 前日にハッチが多かったと聴いた大島へ漁協の船で送ってもらいライズ待ち、アメマスが獲れたがサイズが小さく写真は撮らず、4日目は屈斜路湖へ、ここでもアメマスを獲ったがサイズが良くなかった、最終日の5日目は再び大島へ渡ったのだがライズが無い、島を一周歩きやっと見つけたライズの主はレインボー<br><img src="http://image7.photohighway.co.jp/NK095/604/Photos/middle/80626174131qz1.jpg"><br>この先アメマスの写真を撮ることはまず無理であろうと思い写真を撮った
 今回、阿寒湖へ行ってみて釣り客が減った寂しい感じを受けた、ライズが無くてフライを沈め引きまくっている人達は全フライマンの8割以上は居る、それでもウグイも釣れなかった人達も居るらしい、静かに待っていれば若干でもライズは見られたが、高い旅行代金を支払い竿を振らずに湖岸に立ちすくむ行為はきっと無理なので有ろうと思う、何とか釣りたいと言う思いの現われなのであろう
 私はドライフライに拘りモンガゲダン、フローティングニンフしかティペットに結んでいないが、撮れた魚、合わせ切れやバラシを含めれば10匹近くのアメマスやレインボーと出会うチャンスが幸運にも有った、ただ旅行前に上○屋で安くかったナイロン1号が切れる、、、貧乏性が災いを招いたのだった

同行の皆さん、ご苦労様でした、今回に懲りず来年も現実逃避の旅に出かけましょうネ

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

tag : 阿寒湖 モンカゲロウ

リッツさんと遊んできた

いや~楽しかった!!
今年、一番で楽しかったのと違うかな?
 小一時間の林道散歩を済ませ川に降りたのは9時頃だった
ここから5時半まで渓魚と遊んだ、昼飯や休憩もせず、ただただ流れにフライを浮かべて...
入渓点から暫くは反応が悪く、このままではちょっと辛い感じであったのだが途中から反応が劇的に変わり
ふたりとも20匹以上は釣ったのではないだろうか、8寸~9寸のヤナト岩魚を
どれも野性味溢れる綺麗な鰭を持つ固体ばかりだったし、止水の様な広いプールでのロングキャストから岩陰の隙間にフライをねじ込む様なショートキャストまで、色んなスタイルで楽しめた
 5cm程の稚魚も沢山確認出来たし、尺サイズも確認出来た
後は抜かれず残ってくれれば、今日のような楽しさはきっと続くと思うのだが...

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

calendar
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: