長野県内です

18日の午後には温泉に浸かり、オヤジ臭をすっかり洗い流してサッパリ、木曽川水系のタナビラちゃんかヤマトちゃんに遊んでもらう準備万端です
 16時頃から橋の下を流れる木曽川支流を見ていますとライズが見られます、20cm前後の魚が居るようです
そのまま薄暗くなる時間まで見ていましたが、ライズは多くなりそこらじゅうで波紋が広がります、ヒゲナガが飛び始めたのは19時頃、それでも激しいライズは起きません、魚が全般的に小さいようで、ヒゲナガが捕食対象にはならないようです、デカイ魚が居れば激しいライズも起きたのでしょうが...
 19日は雨になるかもしれないとの事だったので地元の方の屋根付きの施設にマットを敷いて寝袋に潜り込み寝ました
一応、蚊取り線香を焚きながら寝ましたが、虫刺されは全くなかったです、良く眠りましたよ

19日 6時過ぎに自転車に乗って林道を登り始めました
7時頃には目的の川に到着しロッドを繋ぎます
 嫌な臭いがします、ふと自転車のタイヤを見ると、ごってりと糞が付いてます、繊維っぽい感じですから動物の物でしょう
車に積み込む前に河原で洗わないといけないですね...

 目の前には半分が柳に覆われたプール状の流れ、オドリバエが乱舞しライズも有ります、良いサイズの魚の様です、フライを流し込むとスッと魚が浮きフライが消えます<br><br><img src="http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/458e33c5_1369/bc/8b36/__sr_/e43a.jpg?bcOhb0IB4vypwzRN"><br><br>良いサイズのタナビラでしょ
ここのタナビラの特徴は小顔でデップリとした体系が多いですよ
たとえば全長15cmでもヤマト岩魚の15cmとは体の幅は倍程の違いがあります、コンディションは抜群です、アマゴ好きには堪らんでしょうな<br><br><img src="http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/458e33c5_1369/bc/8b36/__sr_/18f9.jpg?bceZc0IBBPvhA7yQ"><br><br>

バラシが多くて尺サイズは獲れなかったよ、そのサイズも2回ほどは掛かってはいるんですがまだ溯上量が少ないですね、梅雨本番になって水量が増さないとダメでしょうな

さて河原で自転車でも洗って帰る事にしましょう、帰りの熊笹だらけの通路に大きなウンチが...クマさんのでしょうな?
自転車のタイヤの轍が残ってます

関連記事

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: