雨、雹時々晴れ

連休中にも覗いた渓に行った
新芽が冬枯れの木々を飾り始めている、水温は8時半で9度あったが水に浸かる足はシューズ越しでも冷たく感じる、他に誰も居ないのでゆっくりと釣り開始
空は今にも雨を落とし始めそうな雲が広がったり隙間からお日様が覗いたり、小雨が降り始めたと思ったらドシャ降りになって岩陰に張り付いたり、また直径5mmほどの雹が落ちてきたりの不順さだった、15センチ程のチビッ子がフライに遊びに来る以外にライズも見かけなかった
11時も過ぎる頃に20番サイズのメイフライを見かけるようになり期待もしたがサイズは相変わらず、だが早めの流れからも飛び出すようになった純粋に綺麗なチビッ子アマゴ
 イワナの付き場を中心に釣るように変更しやっと出てくれたヤマト岩魚、野性味をおびた魚体だった<br><img src="http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/458e33c5_1369/bc/8b36/__sr_/f933.jpg?bchSlxGBQKe2bI4Y"><br>対岸の反転流の岩陰に見えた魚
<br><img src="http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/users/458e33c5_1369/bc/8b36/__sr_/3ee2.jpg?bchSlxGBaibokge8">
<br>メンディングを繰り返し上手く流れに乗ったフライが岩の下に入りかけて消えた

下流部のダムにライズ
15時頃からミドリカワゲラのハッチ、チビッ子が啄ばんでいるが時折良いサイズの魚もライズした
毎年、毎年砂で埋まり遠浅になって来ている、そっと近付いても、しゃがんで待っていてもライズの主は射程内に入らず、17時まで粘ったが痺れる足先が辛くて上がった
まだまだ盛期には入っていない標高1000M
関連記事

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: