いい仕事をした鱒に感謝

午前10時前にDTLに着いた
曇りのち雨の予報だったがフライを無くすまで雨は降らず15時過ぎまで釣りをした
到着直後は風も強くライズを見る事は無かったのだが、風裏になるワンド側ではライズがあった
私の定番である16番のシャックパターンで良く出てくれた
この針は今回は2本しか巻いていなかったのでそれが無くなった時点で釣りは終了となった訳だ
 無くなるまでの間に鱒は10匹以上は獲っているが出た数はその三倍はあったと思う 何とかして確立を上げたいと思うが フライの浮き方か、合わせのタイミングか?何をどうすれば...色々試す事がこの釣りの楽しみの1つでもあるのだが...寒くて思考が止まってしまった


 DTLへ行く前に員弁川にも寄り道していた
3匹は掛けたが全てバラシ、ライズの釣りではないが鱒が付いている場所へフライを流せば出る状況、300m以上釣り上がってみたがこれではちょっと寂しい
沈めれば釣れる魚は沢山いるのにな~
 鱒と思われるライズは3回程見たがハッチしている虫は小さなカディスとカゲロウ ティペットの先の14番のカディスに出るわけ無い、実際に掛けた針は16番Fニンフだったし...
週末は今年の最後となる放流会、沢山の鱒が残って私たちを楽しませて欲しいと思う
関連記事

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: