木曽川まで

良く降った雨
どこも増水で濁りも酷い
木曽川の本流は午前7時ころ車で走りながら見たが濁流って感じだった。
 ある支流を目指して走り続けたがそこは酷い濁りは無いのだが水が多く流れが速すぎた、300mくらい釣りあがってみたが普段簡単に渡れる流れがとても無理なくらい重く、ヘタすると流されそうだったので怖くて止めた
そこでダムでのライズの釣りに切り替え15時ころから湖畔に立ちライズを待った
18番から16番のカワゲラと16番のコカゲロウ、14番のマダラ、たまにモンカゲがハッチした
ただ風が強く波があった為ライズは見つけ難い状況だった
石積みの護岸状になった所が若干の風裏でライズはそこであった
岸から1m以内、沖側からのキャスティングで2投目で出た
今回はアマゴ、連休中に訪れた時はまだ寒く午前中に少しライズがあっただけだったが、今日はフライが見えなくなるまで竿を振れた
 風が少しでも止まるとライズが良く見える、掛けたのは2匹だけだったが何度もフライに出たので楽しかったし1匹目は29センチの綺麗な子だったのでさらに嬉しい

釣りあがりが出来なかったのは残念だったが前回来た時よりかなり春めいた、桜はつぼみから葉っぱに混じって花も見えた、新緑も増え、ウグイスも鳴いた、まだまだこれからが本番といった感じの木曽方面でした。
関連記事

テーマ : 釣行週記
ジャンル : 日記

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: