今年

2月からの自然河川での釣り、今年は59日で終わった。
 早春の根尾川での釣り
昨年の台風、河川工事等、環境の変化によるものだろうかヒゲナガやモンカゲといった大きなサイズのパターンでの釣りが出来なかった事が残念でした、2月から3月はオナシ等の小型のストーンが反応良く楽しめた、以降オオマダラ、コカゲロウ、フタバカゲロウなどのメイフライの釣りも楽しめたがやはり終期のイブニングはヒゲナガで釣りしたかった、今年の下流部は全く水が無い事もあったりしたが来年は虫が出るのだろうか心配だ。
 釣り上がり
岐阜、長野の川はやはり昨年の台風の影響でかなりの被害が出た、何処も彼処も重機が入って工事している感じで復活には数年を要す事は明らかな場所もあった、でも周りの山がしっかりしている川へ行けば相変わらず良い渓相で、出迎えてくれる魚もいた、盆以降は魚が減って川歩きばかりしてたような気もするが楽しく過ごせた、来年の川は良い渓相を見せてくれるだろうか、良い魚は出迎えてくれるだろうか。
 自分達の遊び場を自分達で何とかしないと駄目な時期に来ていると思う、もっと魚が残る川にしたい。
皆さんどう思われます?
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: