発眼卵放流会でございます

土曜日

祖母が入院している病院へ見舞いに行った帰りにそのまま自宅へは帰らずに

寺尾さんの自宅兼工房へ寄り道、今回は寺尾さんのお宅にお泊まりさせていただきましたよ

まっ、自宅に帰ってもすることないしね...

夜は名古屋と比べると気温が下がりますな、でも寒い訳じゃないですよ

なんだか懐かしい佇まいの旧家なので落ち着きますな 静かですしね

寺尾さんの手料理をいただき、布団も用意してもらって至れり尽くせりでしたよ



明けて今朝は青川ネットワークさん主催の発眼卵放流会に参加してきました

5年ぶり位の参加になるのですが、たまにこう言った会に参加するのもいいものです

NEC_0046.jpg

NEC_0047.jpg


ノースマウンテンレイクに参加者が集まり、発眼卵、バイパートボックスなどの消毒などを済ませ

20個近いバイバートボックスに発眼卵を小分けするのです、そしてそれらを沈める川へ向かいましたよ

私は卵を沈めに行くだけですから半分は遊び気分、しかしこの日を迎えるに当たり関係者の方々のご苦労

には頭が下がる思いです、事前に準備を整えてあるからこそ、事が遅滞なく進んだと思います

NEC_0053.jpg

放流場所はこんな感じ、紅葉真っ盛りですよ

NEC_0057.jpg

NEC_0055.jpg

放流場所まで少し歩きながらすぐ横を流れる川に目を向けると小さいですが走る魚が居ます

前回もここで発眼卵を放流したと言う事ですから、その時の魚かも知れませんな

NEC_0058.jpg

こうやって一つ一つのバイバートボックスを流れの条件が揃ってる場所に入れていきます

距離にしたら数100mなんですが普段釣りをしている時以上に流れを見てしまいますな

折角いれる卵なので少しでも生存率が上がるようになるべく条件が良い場所を探す訳ですよ

たった1万粒されど1万粒なのです 

通常のアマゴの親魚の抱卵は1000粒前後と聞きます

今回は1万粒なので10匹分となるのですが

実際 今回放流した川には親魚になりそうな大きさの魚は見えませんでした

親になる前に食卓に並んでしまうのでしょうが、少しでも今回の魚が残ってくれればいいですな



ノースマウンテンレイクも好調に釣れてますよ、ライズはまだ少ないのでドライフライでは厳しい

ですが、モジャモジャ系のフライを沈めフローティングラインで当たりをとる方法で釣れました

ルースニングをされてた方はコンスタントに釣ってましたからね

来週12/5は釣り大会を行うそうですよ、シングルハンド限定で行うそうです

詳しくはこちらをご参照くださいませ

普段、ルアー混生の混み合った釣り場へ行かれてる方々もここなら伸び伸び竿が振れますよ

フライフィッシングらしさを求めるならここは最高の場所だと思います





関連記事

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青川ネットワーク 員弁川 ノースマウンテンレイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

gohdonさんこんばんわ

子供さんのご機嫌は直ったのかな?

知らないおじさんばっかりだったから

ママが恋しくなっちゃったんでしょな

来年は是非参加してみてくださいね

Re: No title

源さんお疲れ様でした

久しぶりに川を歩かせていただき感謝しております

やっぱり川は良いですな

No title

こんばんは~。

紅葉の綺麗な場所ですね。
チビの機嫌さえ良ければ、私も行ってみたかったのですが残念です。
つい近くにイブニングができる場所が出来たらいいな~と思ってしまいますが、アマゴが居る川が近くにあると思うだけで何だか嬉しくなります。
来年は放流まで参加したいものです。

No title

発眼卵放流お疲れさまでした。
紅葉も綺麗、谷も綺麗、川底に沈むもみじの葉も季節感いっぱいでした。
一つ一つ大切に沈められたボックスからはたくさんの稚魚が泳ぎ出ると思います。
今年の春見たように、来春のボックス回収時に群れなして泳ぐアマゴの稚魚が目に浮かびます。
汁神さんはじめ、たくさんの方々のご協力(人'▽`)ありがとう☆ございました。
calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: