スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣るばっかりじゃダメだよ



発泡スチロールのケースに保冷材と共に詰められて業者から送られてきた発眼卵ですよ

これはアマゴの発眼卵 鮭の卵(イクラ)と比べればちょっと小さめですね

IMG_2831.jpg

 今回は青川ネットワークさんの発眼卵放流会に参加してきました

場所は三重県いなべ川の支流 青川ネットワークの活動拠点ですな

秋も深まり落葉が進む林道を数キロ車で移動 ちょっとした広い場所で発眼卵と

バイバートボックスをイソジンで消毒 参加者のウェーディングシューズも消毒して万全を期します

IMG_2826.jpg

アマゴのペアリングが見られましたよ この谷には数年前から青川ネットワークが発眼卵を放流してます

その効果の一つなんでしょうかねぇ 

IMG_2825.jpg

それを見ている参加者さん 後ろから少し押したら落ちそうですなぁ

IMG_2838.jpg

IMG_2827.jpg


ここのでの仕分け作業が終わったら川沿いの林道を最終堰堤まで詰めて行き

そこから上流へ発眼卵を仕込んだバイバートボックスを川に埋設していくのです

小雨降る寒い一日でしたから実働部隊の皆さん本当にご苦労さまです

IMG_2836.jpg

時折 雨脚も強くなったりしまして林道から見てるだけの俺は非常に寒かったですよ

ですから実際に川に入り流れに肘まで手を入れての埋設作業は大変だったと思いますよ

埋設された20数個のバイバートボックスには全部で一万粒のアマゴの発眼卵が仕込まれています

90%以上の確率で稚魚になりこの川で泳ぐようになるんですよ

夢が有ると思いませんかね 

3月のカゴ回収時にはその稚魚達が実際に泳ぐ様子を見られるんですよね その内の一部が

本流に下って海まで行けばサツキマスになるんですよ どうですか?夢があるでしょ

 
 魚を釣ってイタぶるばっかりじゃダメですよ 

魚は居なくなるものなんですよ、勝手に増える物じゃないんですよね 小さな谷なんて獲りきる事も

できちゃうわけでしょ 獲りきったら絶対に増えませんよ

ですから魚を増やそうとするこう言った行動も釣り人として、魚をイタぶる者として必要だと思いますよ

再来週も青川ネットワーク主催の発眼卵放流会がありますよ

そして同日にいなべ川本流への今期4回目のニジマス放流会もありますよ 

どうですか? 禁漁期にこんな活動に参加してみるってのは如何でしょう?

魚を釣ってイタぶるばっかりじゃダメですよ





関連記事

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青川ネットワーク いなべ川

コメントの投稿

非公開コメント

gohdonさんどうも

本流の放流活動は過去最大量になるらしいですよ
人も増えてきて協力金も....魚も増やさないとね

おっ! その日なら行けそうです。
てか、まだ本流の放流もやるんですね~(^^;

gohdon さんこんばんわ

次回は11/24ですよ

本流のニジマス放流&アマゴの発眼卵放流の2本立てです

まったくその通りです。
また、行事と重なってしまいましたが、次回こそは行かねば~。
calendar
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。