バンブーロッドをって話の続き

やっとブランク状態になったってとこまで行くよ

トップ、ミドル、バット  3pcを作成してるので6本X3の18本を荒削り

IMG_7276.jpg

ここまでも毎週末の作業でカンナを持つ手は腱鞘炎気味  仕事に差し支えるレベルでございました

痔にもなりかけて大変だったんですよ 素人が安易な考えで手を出すべきじゃないかも.....

まず カンナなんて俺のようなごく一般的なサラリーマンが使う場面なんてないでしょ?

非日常な訳です ですから変な所に力が入るんですよね

ところがですよ せんせは至って無理なくスルスルとカンナ屑を吐き出させるのです

明らかに違うのです 正確さも含め全てが違うのです

俺一人ではこんな三角形になんて絶対になりませんわ

IMG_7277.jpg

荒削りした材料をオーブンに入れて熱をかけての火入れ後の状態

この作業も経験を積んだせんせが隣で指導してくれるから失敗なく進められるのです 

燃やしたり焦がしたらお終いですわ 腱鞘炎の結果が燃えたりしたら涙が出ますよ

で これから更に肛門に響くカンナでの仕上げ削り作業の始まりなのです

とりあえず人生初めての肛門科で Drに「早く来てよかったですね、この程度なら切らずに薬で治りますよ」と

太鼓判を押してもらっての朝晩の薬注入を忘れずでの作業なのです

IMG_7378.jpg

これバットです

親指くらいの太さだった荒削りのバットが仕上げ削りで 荒削り状態のトップ部分の太さにほぼ一致....

リキむと肛門が疼くので注意しながらです

さすがに仕上げ削りでの失敗は取り返しがつかないのでせんせが付きっきりで観てくれてます

トップ部分なんて先端1本が1mm程度の竹ヒゴでっせ 折れないのが不思議な状態ですわ

IMG_7379.jpg

絶対俺一人じゃ到達できない 途中で捻じれや曲がりの修正をせんせに診てもらってますから

この形になってますが非常に気の長い神経を使う作業なのです

さぁ いよいよ接着です

IMG_7475.jpg

テープでまとめた仕上げ削り後のブランクの一片を切って

”アジのひらき”ならぬ”バンブーのひらき”の状態にするんです

開いたところに木工ボンドみたいな接着材に塗りこんでいくんですよ

そしてそれを元の六角形に閉じてもどす

IMG_7478.jpg

戻したブランクをせんせお手製のバインディングマシーンでクルクルと糸を巻き付けていく

竹片を圧着して余分な接着剤を絞り出すって感じですな

それを3本やるってのはまた大変なのです 捻じれや曲がりが糸のテンションによって出るでしょ

それを接着剤が硬化を始める前に修正していく 何かと忙しい感じなのです

接着作業が終わった3本のブランクが乾燥の為に天井から吊るしてあります

IMG_7479.jpg

ようやくここまで来たかぁ

やっとフライロッドブランク状態になったのです

愛着が湧かないわけないですよ 俺の初めての竹竿なのですから

また次回は完成までを書きたいなぁなんて思ってます

関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : バンブーロッド

コメントの投稿

非公開コメント

gohdonさんどうも

いやぁ 大変ですが愉しいですよ
どんなアクションの竿のなるのかしら

スギウラさんどうも

待ってますよ
ボラギノール用意しておきます。

No title

 あなたに続く予定です。痔の手術は、一足先に経験済みですけど。

やはり、凄く大変なんですね。
手を出さなくて良かった( ̄▽ ̄;)
calendar
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
new entry
category
weather news

-天気予報コム- -FC2-
mail

name:
mail:
subjct:
body: